啓発週間にピッタリの視聴覚ツール

啓発週間のイベントで活用できる視聴覚ツールを集めました。

ハルくん全国プロジェクト
(プルスアルハ×ASK)
【所要時間】15分 
【費用】
スライドセット購入費 定価11,000円+税(送料無料)
【内容】アルコール依存症家庭で育つ子どもを主人公にしたプルスアルハの絵本「ボクのことわすれちゃったの?─お父さんはアルコール依存症─」をパワーポイントで映写しながら、お国言葉で朗読するプロジェクト。依存症という病気とその回復を、子どもの視点で実感でき、しかもお国言葉での朗読なので心に響く。物語は、父親の飲酒問題で傷ついていく家族の様子で始まり、その父が、運ばれた病院で専門治療を勧められる。まさに基本法がめざす「連携医療」で「家族が再生」していくストーリー。
【ハルくん全国プロジェクト公式サイト】
https://pulusualuha.or.jp/activity/haruproject/
【スライドセット購入申し込み先】
https://m1.mail-do.com/sv10/s10a9456/harukun.html
(アスク・ヒューマン・ケア)


「アルハラ防止ソング」ビデオ――「空気」を読めと、飲まされて。
(制作:イッキ飲み防止連絡協議会 2015年)
【上映時間】フルバージョン:2分35秒
 
ショートバージョン:1分

【上映費用】無料
http://www.ask.or.jp/ikkialhara_outline.html#movie
(動画データの送付も可能です)
【内容】「空気」を読めよ、読みなさい、みんなが乾杯してるでしょ、あなたもグラスあけるのよ……どこかなつかしいメロディだけど、ドキッとさせられる、アルコール・ハラスメント(アルハラ)の危険性を伝えるオリジナルソング・ビデオ。仲間の圧力の中で飲まされ、亡くなる若者が後を絶たないことから、「空気」もアルハラであることを伝えるために制作した。作詞・絵は、キャンペーンのポスター/チラシのビジュアルを初回から担当している(株)サン・アド。
【イッキ飲み防止連絡協議会の公式サイト】
http://www.ask.or.jp/ikkialhara.html
【動画データの申し込み先】
ご希望の方はメールで( noikki@a6.rimnet.ne.jp )。動画データは、Full 2分35秒/Short 60秒の2種類で、保存形式もそれぞれmp4/wmvの2種類がある。



映画「カノン」
(配給:KADOKAWA 制作:サーフ・エンターテイメント 2016年)

【上映時間】2時間5分 
【上映費用】
映画DCP上映 25万円…機材付きで映写技師を派遣/ブルーレイ貸出 15万円…ブルーレイレコーダーと映写機(もしくはプロジェクター)は主催者側が用意、映写技師の派遣なし(応相談)
【監督】雑賀俊朗【出演】ミムラ、比嘉愛未、佐々木希、鈴木保奈美、多岐川裕美、他。
【内容】祖母の死をきっかけに19年前に失踪した母のゆくえを辿る3姉妹。過去と現在を行き来しながら展開する物語の中で、浮き彫りになる母のアルコール依存と葛藤、酒をやめていく難しさ、アルコール性認知症……。家族の断絶、トラウマに深く切り込みながらも、三世代の女性たちの絆を優しい眼差しで描く後味がさわやかな作品。
【公式サイト】
http://kanon-movie.com/

【上映に関する問い合わせ先】
(株)サーフ・エンターテイメント 電話03-3994-7973
http://surf-entertainment.com



映画『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』
(制作:シグロ 2010年)

【上映時間】2時間5分 【上映費用】上映用プリント貸出10万円から
【監督】東陽一 【出演】浅野忠信・永作博美、他
【内容】アルコール依存症をのり越えた戦場カメラマン鴨志田穣と別れた妻・西原理恵子。家族の絆が紡ぎだす大きな愛の物語。
【公式サイト】
http://www.yoisame.jp/
【上映に関する問い合わせ先】
(株)シグロ 電話03-5343-3101 E-mail siglo@cine.co.jp



ドキュメンタリー映画「もうひとつの人生 アルコール依存症―この病気を抱えた人たちとその家族の物語
(制作:シグロ 1995年)
【上映時間】1時間41分 【上映費用】上映用プリント貸出5万円から(35ミリあり)
【監督】小池征人
【内容】アルコール依存症の人々が酒なしの人生を生きる道を選択し、かけがえのない自分を取り戻そうとする姿をドキュメントする。
【上映に関する問い合わせ先】
(株)シグロ 電話03-5343-3101 E-mail siglo@cine.co.jp


映画「共に歩く 共に依存しあう人たち…共依存」
(制作:ワンダーラボラトリー 2014年)
【上映時間】1時間21分 【上映費用】上映用DVD/ブルーレイ貸出5万円から
【監督】宮本正樹 【出演】小澤亮太、入山法子、他
【内容】アルコール依存症、虐待トラウマの後遺症、アルツハイマー型認知症…苦しみながら支えあい、前に進もうとする男女・夫婦・親子を描く、愛と希望の物語。自身もアルコール依存症家庭で育った若手監督が、自らの体験と身近な人たちをモデルにした作品。
※アルコール依存症については、離婚後の母子を描いており、本人は回復していません。
【公式サイト】
http://tomoniaruku-movie.com/
【上映に関する問い合わせ先】
(株)ワンダーラボラトリー Email tomoniaruku@w-lab.jp


ドキュメンタリー映画
「アノニマス・ピープル(無名の人々)-回復者の顔と声-」
仲間たちよ、共に歴史を作ろう!
(原著作権者:4TH DIMENSION PRODUCTIONS/
  日本語版制作:依存症からの回復研究会
  日本語版発行:(社)セレニティ・プログラム)
【上映時間】約1時間30分 【上映費用】DVD購入費2,000円(税込み)
【内容】アメリカで2000年頃に始まった新しい回復擁護運動を紹介した長編ドキュメンタリー映画。アルコール依存症などから回復した人々が、社会の偏見を変えていくため、顔と名前を出して自分の回復ストーリーを語り始める。「多くの人が依存症という病気で死ぬ。罪ゆえではない。弱さゆえでもない。病気で死んでいるんだ! がんや糖尿病なら手厚いケアが受けられる。でも依存症はそうじゃない! 依存症は回復できる病気なのだと、外に出て自分自身が伝えよう!」
【公式サイト】
http://kaifukuken.org/
 【DVD購入申込先】
http://kaifukuken.shop-pro.jp/?pid=108896261